世田谷区 歯科 芦花公園駅 南烏山 町田歯科医院 審美歯科 ホワイトニング インプラント

町田歯科医院

03-3305-8211
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山3-2-3
京王線「芦花公園」駅北口 徒歩30秒

入れ歯
Denture

入れ歯の種類

入れ歯   入れ歯   入れ歯   入れ歯
ばねのある入れ歯
 
ノンクラスプデンチャー
 
床レジン
 
金属床

入れ歯について

メンテナンス法

入れ歯は大切な第2の歯です。1日1回は必ず入れ歯を取りはずして洗いましょう。床の裏側(粘膜にあたる部分)とバネの裏側(歯に当たる部分)には食べかすや歯垢が付着しています。いつも、お口の中を清潔に保つ事は、残った歯を長持ちさせる事にもなるのです。また、私たちの顎の骨や歯ぐきは常に少しずつ変化しているので、定期検診はきちんと受けるようにしてください。 入れ歯が当たって痛むような場合は、決して我慢せずに、痛んでいる時に連絡してください。


義歯のメリット

インプラントとは違い治療の時間が短く、口の中の型を取る程度といった簡単な治療をするだけで済みます。大掛かりな手術の必要がありません。またインプラントと 違い比較的安価な治療を受ける事ができます。


金属床

金属床は、保険適用のレジン床と比べると、薄く、食べ物の食感や、温度などが伝わりやすいとされています。強度も高く、壊れにくい構造となっております。


見えない入れ歯
見えない入れ歯

ノンクラスプデンチャーは、金属バネを使用しない入れ歯です。金属バネがない特性上、審美性が高く、入れ歯を着けている事が人に気付かれにくいのが最大のメリットです。また、ナイロン系の素材でできているため薄くて軽く、フィット感が抜群である事。さらに、弾力性が高く破折しにくいという特徴があります。固い義歯では痛みを感じるという方も安心してお使いいただけるので、幅広く支持されています。

ブリッジについて

ブリッジとは?

ブリッジとは歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って土台をつくり、
橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療法です。

ブリッジ   ブリッジ
 

メリット

  • 自分の歯とほぼ同じ感覚で噛むことができます。
  • 治療期間が短い。
  • 見た目の仕上がりもほぼ自分の歯と同様になる。
 

デメリット

  • 隣接する健康な歯を削る必要がある。
  • 両隣りの支える歯に負担がかかる。

他の治療法との比較

現在 注目されるインプラント治療は、これまでの治療、入れ歯やブリッジに比べると、患者さんにとっても大きなメリットがあります。

項目/治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性 優れる 良くない 良い
噛む力 優れる 弱い 良い
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り (抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
治療期間 1-2ヵ月 (AQBの場合) 2週間-2ヵ月 2-3週間

入れ歯のメニュー

総入れ歯・部分入れ歯
ゴールド白金加金
ゴールド白金加金

昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。

種類 ハイグレードタイプ
主材量 ゴールドプラチナ
価格 熱の伝わり 体への優しさ 食べ物の味わい 軽さ
¥800,000 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★

超硬質コバルトクロム合金
超硬質コバルトクロム合金

永く入れ歯用材料として使用され信頼性も実績も高い材料です。超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。金属床の基本的な良さを生かしつつも、デザインを限定するなどして、お求めやすい入れ歯になっています。

種類 スタンダードタイプ
主材量 コバルトクロム合金
価格 熱の伝わり 体への優しさ 食べ物の味わい 軽さ
総義歯
¥300,000
★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★
部分義歯
¥250,000

プラスチック
プラスチック

保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にはすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱がつたわりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりありません。

主材量 プラスチック
価格 熱の伝わり 体への優しさ 食べ物の味わい 軽さ
保険適用 ★★ ★★★ ★★ ★★★

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーの特徴
ノンクラスプデンチャー

薄くて軽く弾力性があります
(表面は硬さがあり丈夫です)

高い柔軟性、初期形態へ完璧に復元する弾力性があるので、咀嚼、発音機能は通常通りで安定性もいい。そして軽く装着時の違和感が少ないです。また体温で弾力性をもち、顎との馴染みが良くなります。
アメリカ食品医薬局の承認済みであり、アメリカでは50年前から利用されています。無味無臭で金属アレルギーの心配がありません。

ノンクラスプデンチャー

※症例により、適用できない場合もございます。

※分からない事や質問等がありましたらお気軽にスタッフまでお問合せ下さい。

種類 自費入れ歯
ノンメタルタイプ(金属を使わない入れ歯)
主材量 ポリエステル + 人工歯(プラスチック)
価格 審美性 体への優しさ 快適性 軽さ
1歯~3歯
¥80,000
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
4歯~8歯
¥100,000
9歯~
¥120,000
洗浄について
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーを洗浄する際には、専用の洗浄剤を使用することを推奨しております。

pagetop